Coffee life 🚲 日本・海外どこまでもコーヒー・カフェのある生活。

カフェめぐり ~Cafe hopping~ ときどき食事/Food, 飲み物/drink etc..について思うままに。。

注文方法 Proper Order Coffee Co in Dublin🚲

時々こんな顔になります。((((;゚Д゚))))))) 

2018/8/11

Proper Order Coffee Coに行ってきました。

お忙しいところ、私の備忘録に起こしいただきありがとうございます。

 

この日はYelpでの口コミが高いカフェに行ってみました。

注文はスターバックスと同様のスタイル。

席の確保はお好きにどうぞというパターンです。

そういう時の初訪問は本当に迷います。。

 

そんな時、

お店に入る瞬間から席をゲットするまでに以下を意識している私。

外国の場合、意外と大事だなと思うのです。。

 

1、初訪問のお店の場合、お店の外から空席状態をチェックする

ここで席が空いてない場合は、初訪問の場合は諦めてまたきます。2度目でしたら、空きますか?って聞いて座るようにします!

 

2、入店時、とにかく店員に笑顔で挨拶「Hi」

笑顔だと、店員との関係が良好になり店内の空気も自然と良い感じ。

むすっとしていると気まづい空気が流れる。

 

入店から失敗した時

私:H..Hi ( ̄▽ ̄;) 初めてで緊張が顔にでる。

店員:Hi...(´⊙ω⊙`) 大丈夫かなと言う感情が出ているのがわかる。

店員の困ったような顔を見ると私の顔はさらに変化。

((((;゚Д゚)))))))

なぜかSo,Sorryと言ってしまう。

店員が何かペラペラペラペラと話をされ、何を言っているか全然わからない。

Σ(゚д゚lll)

また、返答しようにも、口から英語が出ないことによる動揺の感情がさらに顔に出てしまう。

店員:・・・Are you OK?

私:・・・

その後オーダがしずらく、店内にも居づらくなるんです。

 

ちなみに席に座ってからのオーダーの場合、

すぐに「席にどうぞ」っと言われる。

結構当たり前だけど、心構えしていないと動揺する。

 

2、席の案内がなかったら、店内に入店後、すぐにメニューを見るふりをしながら、席をどこにしようかなと横目でチェック。

そうすると、お店の人はひとまずそっとしてくれます。

「席はどこにしようかな〜」

でも、この間は2分が限度かも。。

今のところ、それ以降すぎると、「何にする?」って催促される。

 

3、コーヒーを注文。

基本的にはお店に入る前に何を飲むかを決めておく。

ただ、決めておいた中で、気になるメニューがあったらそちらに変更。

 

4、席をゲット

よっし。

  

っと余談になりましたが、本日はホワイトフラットを注文。

f:id:cooffee:20180820012345j:image

グラスに入れてくれるんだ〜と思いつつ、

不透明のマグカップと違い、

グラスの中の様子もみれるので綺麗だな〜とほのぼのしました。

 

お味はフルーティー。酸味を感じるラテになります。

 

いつも思うのです。

「いらっしゃいませ」っていう言葉は海外だとHelloかHiだと思いますが、

外人は眼力が強いので、とても圧力があるというか、ドキッと恐れてしまう私がいます。。困った顔をすると、店員も困った顔をします。

アイルランドに来てからというもの、いかに平常心を保つかということを訓練しています。

最後に「いらっしゃいませ」と言う言葉は、Hiに比べると本当にお客様を迎える綺麗な言葉だなと、実感します。

 

(人がたくさんいたのでお店の外観や店内の様子が撮れませんでした。

Yelp CaptchaやインスタグラムProper Order (@proper_order_coffee_co) • Instagram photos and videosで見るとわかりやすいです。とてもコンパクトで素敵なお店です。)

 

 ✨お店のHP(Attached website)✨

Proper Order Coffee Co.

営業時間

月曜日〜金曜日  7時00分~17時00分

土曜日 10時00分~17時00分

日曜日 定休日

   ✨地図(MAP)✨

See you...